研究活動

  1. Grasping interface for virtual reality using wire-driven positioning system

  2. 生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

     近年,日本はストレス社会と言われており,人々は職場や家庭などの環境において様々なストレスを受けて…

  3. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  4. ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

    鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.打鍵速度は音の大…

  5. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  6. 個性模倣によるリアルタイム環境適応アルゴリズム

    今日,複数ロボットを用いた協調作業では,事前に環境適応させた動作戦略設計がされています.しかし,こう…

  7. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  8. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  9. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  10. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究ではバーチャル上の動物型ロボットに触れるデバイスの作成を目的としています。実空間における動物型…

  11. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

  12. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  13. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  14. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  15. 東京電機大学 協調ロボティクス研究室

    東京電機大学 工学部 電子システム工学科 協調ロボティクス研究室のホームページへようこそ&nbs…

  16. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  17. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  18. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  19. ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

    近年,ストレス社会と言われているように,ストレスによってパフォーマンスに悪影響を及ぼしている.例えば…

  20. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  21. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  22. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  23. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  24. 研究業績

    学術雑誌 Masaki Tanaka, Hiroshi Igarashi: “Feedb…

さらに記事を表示する
PAGE TOP