協調作業における力のインタラクションによる気づかい変化

近年、組織の維持と発展のためにイノベーションが不可欠とされており、チームワークが注目されています。チームワークを発揮することによって活動が円滑に進んだり、問題解決能力が向上します。したがって、チームワークを発揮できるチームを組織する必要があります。そのため、チームワークを何らかの方法で評価する必要があります。しかし、人間によって構成されるチームを評価することは困難であり、課題となっています。

チームワークを評価する研究は昔から行われています。多くの研究者はチームを構成するメンバーにアンケートを用いて評価を行い、総合的にチームワークを評価しています。しかし、アンケートは、主観的評価が混入してしまい、客観的評価が困難です。そこで、私の研究では、人間の「気づかい」に注目しました。「気づかい」を推定することによって、チームワークを客観的に評価することを目指します。

「気づかい」と聞くと、人に対する思いやりなどをイメージし、いいことであると考えがちですが、私はそれだけが「気づかい」ではないと考えています。私の研究における「気づかい」は、“協調作業において、他者の介入によって変化する操作”と定義しています。つまり、単独で作業している際の操作と複数人数で協調して作業をしている操作の変化です。同じ作業をしているにもかかわらず、他人によって操作が変化してしまう。これが私の研究における「気づかい」です。

現在は、力のインタラクション(力の相互作用)が、人間の「気づかい」にどのような影響を与えているかを研究しています。力のインタラクションを発生させるため、バイラテラル制御を用いたフォースフィードバックシステムを開発しました。バイラテラル制御は、モータの制御技術の一つで、互いのモータが同じ動きをし、力を伝達する働きをします。これによって、力のインタラクションを可能としました。

実験では、力のインタラクションは、「気づかい」を減少させる働きがあることが確認されました。これは、力のインタラクションが発生することによって、直接的に相手の操作情報を得られたためであると考えています。今後は、多人数で協調作業ができるように、ダイナミクスを考慮したフォースフィードバックを行おうと考えています。

主な発表論文

  • 佐々木元気,新居駿也,五十嵐洋: “協調作業における力のインタラクションがある場合の気づかい変化”,平成29年 産業応用部門大会,Y-83, 2017/08/29

研究室メンバー

洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

関連記事

  1. 協調作業を行う作業者の 「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  2. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり、それを支援する研究は広く行われている。しかしながら、そのような研究…

  3. 学会活動報告

    2017日11月17日神戸大学で行われた電気学会産業応用部門産業計測制御…

  4. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  5. 3次元空間における注意推定と行動予測

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  6. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  7. 研究室募集について(学内向け)

    EH3年生向け情報やる気のある学生が思う存分研究をできる環境を提供することが本研究室の運営ポ…

  8. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

PAGE TOP