チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にするものであり、感じていることでもあります。しかし、人間関係を具体的に説明するのは非常に難しいです。同時に、どうすれば人間関係が向上するのか、何がキーアイテムなのかは解明されていません。つまり、人間関係は人が常に体感していることでありながら、具体的に説明はできないことです。

そこで、私の研究では人間関係を工学的に測定して、人間関係を解明、そしてアシストを行っていきたいと考えています。研究では、同じ目標に対して作業を行う集団=チームに着目し、チームが持つチームワークを測っています。チームワークの測定には、人間が他人と協調して作業がうまくいったかが重要となります。そこで、私の研究では他人との協調時に人が生じさせる「気づかい」をもとにチームワーク測定を行っています。

ここで、「気づかい」と聞くと、人に対する思いやりなどをイメージし、いいことであると考えがちですが、私はそれだけが「気づかい」ではないと考えています。私の研究における「気づかい」は、“協調作業において、他者の介入によって変化する操作”と定義しています。つまり、「気づかい」は、他者がいることによって、自分が本来の動きとは違う動きをしてしまうものだと考えています。したがって、「気づかい」は、いいことだけでなく、悪い方向にも影響を生じさせる場合もあるのです。

現在は、この「気づかい」を人工知能を用いて推定し、そこからチームワークの評価を行っています。最新の研究成果によって、「気づかい」を用いることによって人間の相性がだんだんと測れるようになってきています。また、「気づかい」をアシストに用いる研究を行われており、世界初のチームワークアシストも行っている途中です。

この研究が進み、人間関係を工学的に測れるようになった際には、人間同士の相性を数値で表したり、仕事で相性のいい人間同士をチームで組ませる等の支援が可能になると考えています。相性のいいチームは、個人の能力を凌駕するパフォーマンスを発揮させ、思いもよらぬ成果をもたらすこともあります。私の研究では、そのようなチームを作れるような評価・アシストを行いたいと考えています。

 

 

主な発表論文

  • 佐々木元気,五十嵐洋:“ダイナミクスを考慮した協調作業における気づかい推定”,電気学会産業応用部門産業計測制御研究会,IIC-17-016,2017/11/17. (Paper award)
  • 佐々木 元気、新居 駿也、五十嵐 洋: “力のインタラクションを考慮した協調作業における気づかい推定”,第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,3D3-02,2017/12/22. (Presentation award)
  • G. Sasaki and H. Igarashi: “Temporal Analysis of CFO in Cooperative Task for Teamwork Assist,” IECON 2018 – 44th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, pp. 5487-5492, 2018.

サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

研究室募集について(学内向け)

関連記事

  1. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  2. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究ではバーチャル上の動物型ロボットに触れるデバイスの作成を目的としています。実空間における動物型…

  3. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  4. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  5. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  6. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  7. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  8. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

PAGE TOP