筋電による運動錯覚を用いた運動支援

現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの方法は指導者に大きな負担を課してしまいます。そこで脳科学の分野にて、運動学習の際に筋肉を動かすイメージを持つことが重要であるといわれています。また、このイメージに注意を促す方法として「運動錯覚」が、近年、注目されています。

この運動錯覚とは、筋肉の腱に70~100 Hzの振動刺激を与えると生じる錯覚である。この錯覚が生じると, 腕を動かしていないのに勝手に動いたと感じます。過去の研究により運動錯覚が生じているときと運動しているときの脳の運動野が関係していることがわかりました。リハビリや学習に運動錯覚を利用する場合, 動きに対して適切な錯覚を与える必要がああります。しかし運動錯覚を生じさせるための振動刺激の条件(周波数, 力, 振幅等)は、いまだ不明確な部分が多くあります。

そこで本研究では筋電信号を用いて、適切な運動錯覚を引き起こすための振動刺激の制御を行います。上腕に運動錯覚が生じているとき, 腕の動きに変化が生じることが過去の研究にて発見されています。この動きの変化を筋電計にて計測することができれば、振動刺激を制御し、運動錯覚を変化させることができると考えています。

そこで本研究では筋電信号を用いて、適切な運動錯覚を引き起こすための振動刺激の制御を行います。上腕に運動錯覚が生じているとき, 腕の動きに変化が生じることが過去の研究にて発見されています。動きの変化によって振動刺激を動的に変化をさせ錯覚を制御することができれば振動刺激によって運動の誘導やリハビリへの応用が広がると考えています。

 

 

 

 

MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

関連記事

  1. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  4. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  5. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  6. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  7. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  8. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

PAGE TOP