ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場しています。これまでのロボットは主に生産現場などにおいて作業の効率化を図るために使用されていましたが、最近はAIを搭載したコミュニケーションロボットなど、人間に対するものが増えています。今後このようなロボットが人間社会に円滑に溶け込んでいくためには、人間の意図や行動をロボット側が汲み取り、人間側にストレスを与えることなく行う行動、協調動作が必要となります。

本研究では、ロボットの協調動作のために人間の視覚的注意を使用します。ロボットの動作によって人間の視覚的注意を操ることができれば、視覚的注意が集中していない部分で動作を行うことで、人間に違和感を与えず、ストレスのない動作が可能になると考えています。また、視線の誘導方法について、視線計測を行いながら効率よく注意を誘導できる方法についても合わせて検討を行っていきたいと考えています。本研究のフューチャービジョンとして、人間の注意を利用できることから手品を行うマジシャンロボットが実現できるのではないかと考えています。

現在はロボットの動作シミュレーション画面をディスプレイ上に表示させ、同時に視線計測デバイスにより被験者の視線を測定することによって視線の変化を記録するという実験を行っています。今後は視線の誘導動作の検討、加えて実際のロボットを動作させて実験を行うために、実験装置、環境の構築などを行っていく予定です。

 

 

 

協調作業を行う作業者の 「気づかい」推定による相性解析

全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

関連記事

  1. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  4. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  5. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  6. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  7. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり、それを支援する研究は広く行われている。しかしながら、そのような研究…

  8. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

PAGE TOP