ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場しています。これまでのロボットは主に生産現場などにおいて作業の効率化を図るために使用されていましたが、最近はAIを搭載したコミュニケーションロボットなど、人間に対するものが増えています。今後このようなロボットが人間社会に円滑に溶け込んでいくためには、人間の意図や行動をロボット側が汲み取り、人間側にストレスを与えることなく行う行動、協調動作が必要となります。

本研究では、ロボットの協調動作のために人間の視覚的注意を使用します。ロボットの動作によって人間の視覚的注意を操ることができれば、視覚的注意が集中していない部分で動作を行うことで、人間に違和感を与えず、ストレスのない動作が可能になると考えています。また、視線の誘導方法について、視線計測を行いながら効率よく注意を誘導できる方法についても合わせて検討を行っていきたいと考えています。本研究のフューチャービジョンとして、人間の注意を利用できることから手品を行うマジシャンロボットが実現できるのではないかと考えています。

現在はロボットの動作シミュレーション画面をディスプレイ上に表示させ、同時に視線計測デバイスにより被験者の視線を測定することによって視線の変化を記録するという実験を行っています。今後は視線の誘導動作の検討、加えて実際のロボットを動作させて実験を行うために、実験装置、環境の構築などを行っていく予定です。

 

 

 

協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

関連記事

  1. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  2. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  3. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  4. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  5. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  6. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  7. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  8. 振動刺激による機械操作支援に向けた入力インタフェースの開発

    振動刺激による機械操作支援に向けた入力インタフェースの開発by 吉田…

PAGE TOP