全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存できる社会は親和性の極めて高いロボット開発の成否にかかっています。

現在、さまざまな全方向移動用ホイールが開発・利用されています。特に、メカナムホイールは耐久性が非常に高いことから、高負荷がかかる運搬ロボットでよく用いられています。しかしながら、屋外において、メカナムホイールを用いた場合は、通常のホイールの様に地面との接触が連続的ではなく、断続的に接触してしまうこととなります。これが原因で路面状況に関係なく振動が発生してしまい、荷物を搭載したロボットや車椅子の乗り心地が悪化し、さらに、荷崩れよる作業効率低下の要因となっています。

そこで本研究では、リニアアクチュエータにより、車輪にかかる外乱を軽減する制御を行うことで、安定した移動が実現できると考えています。従って、現在、工場や倉庫の構内物流の現場ではピッチング振動を軽減することにより、乗り心地や物流効率の改善に貢献することを目指しています。

また、全方向移動ロボットの取り回しを向上させるために、ZigBeeを用いることによって加速度センサを無線化する方法を提案します。ZigBeeとは、センサネットワークを主目的とする近距離無線通信規格の1つです。これによって、車輪周辺に装着する加速度センサの変換量をネットワーク上で確認でき、無線でデータの読み取りが可能となります。

現在、試作機を開発し、メカナムホイールを定速に動かすために、ポロルモータを用いたモータの速度制御が行いました。また、ZigBeeを用いた加速度センサの無線化も成功しました。

ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

関連記事

  1. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  2. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  3. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  5. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  6. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  7. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  8. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

PAGE TOP