MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を提示するシステムへの需要が高まっています. 力覚提示を行うには, 指にかかっている力を読み取り, その力が目標値に近づくように制御する必要があります. そのため, 計測点が増えるほどセンサの数も増えることになります.

本研究では, 磁性流体の一種であるMR流体と電磁石を用いて, 電磁石の電気的特性の変化から圧力を推定し, センサを使わずに力覚提示を行うシステムを構築することを目的とします.

電磁石に電流を流し, MR流体の粘度をコントロールしながら, 電磁石の電気的特性を計測するための電子回路を設計し, 製作しました. 電磁石の上にMR流体の入ったパックを乗せ, パックを指で押したときの応答を計測しています. 現在は圧力ではなく, MR流体の厚みがセンサレスで取得できています.  電磁石に流れている電流や,電圧,タイミングから計算することで, 圧力を推定することができると考えており, 実現に向けて研究を進めております.

全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

筋電による運動錯覚を用いた運動支援

関連記事

  1. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  2. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  3. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  4. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  5. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  8. Group Trajectory Optimization us…

    Group Trajectory Optimization using Swarm Intellig…

PAGE TOP