MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を提示するシステムへの需要が高まっています. 力覚提示を行うには, 指にかかっている力を読み取り, その力が目標値に近づくように制御する必要があります. そのため, 計測点が増えるほどセンサの数も増えることになります.

本研究では, 磁性流体の一種であるMR流体と電磁石を用いて, 電磁石の電気的特性の変化から圧力を推定し, センサを使わずに力覚提示を行うシステムを構築することを目的とします.

電磁石に電流を流し, MR流体の粘度をコントロールしながら, 電磁石の電気的特性を計測するための電子回路を設計し, 製作しました. 電磁石の上にMR流体の入ったパックを乗せ, パックを指で押したときの応答を計測しています. 現在は圧力ではなく, MR流体の厚みがセンサレスで取得できています.  電磁石に流れている電流や,電圧,タイミングから計算することで, 圧力を推定することができると考えており, 実現に向けて研究を進めております.

全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

筋電による運動錯覚を用いた運動支援

関連記事

  1. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  2. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  3. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  4. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  5. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  8. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

PAGE TOP