複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような環境では路面の摩擦などが未知であるため車輪型移動ロボットが目的通りに正確に走行することは困難です.

本研究ではロボットの速度を所望の速度にするための補償器を機械学習によって構築することを目標としています.このとき,同じ環境下に置かれた同一ハードウェアを持つ複数台のロボット間において互いに学習を共有するというロボット同士の協調によって補償器の構築を効率化できると考えております.

現在,機械学習を実装可能なボードコンピュータを搭載した移動ロボットを用いて,機械学習を用いた補償器の設計を行っております.

 

触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

関連記事

  1. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  2. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  3. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  4. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  5. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  6. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  7. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  8. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

PAGE TOP