複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような環境では路面の摩擦などが未知であるため車輪型移動ロボットが目的通りに正確に走行することは困難です.

本研究ではロボットの速度を所望の速度にするための補償器を機械学習によって構築することを目標としています.このとき,同じ環境下に置かれた同一ハードウェアを持つ複数台のロボット間において互いに学習を共有するというロボット同士の協調によって補償器の構築を効率化できると考えております.

現在,機械学習を実装可能なボードコンピュータを搭載した移動ロボットを用いて,機械学習を用いた補償器の設計を行っております.

 

触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

関連記事

  1. 3次元空間における注意推定と行動予測

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  2. 姿勢解析に向けた網型圧力センサアレイによる圧力分布および力覚の提…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  3. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  4. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  5. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  6. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  7. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  8. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

PAGE TOP