磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変である矯正器具は存在していない.そこで,硬さを柔軟に変化できる素材が求められておりMR流体が注目されている.

従来の研究から復元力が乏しいという問題点がある.これまでの背景により本研究では,MR流体を用いてクッションのような弾性表現を可能にし,さらに磁力変化によってその弾性を調整可能にすることを目的としている.

現在の成果としては弾性評価を可能とするための測定装置やMR流体と気泡緩衝材(プチプチ)による試料の製作をおこない,MR流体と気泡緩衝材を用いた試料が弾性表現を実現した.また,大きさの異なる緩衝材用いた場合での弾性の違いも評価した.

モチベーションの変動予測システムの開発

人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

関連記事

  1. 研究室募集について(学内向け)

    EH3年生向け情報やる気のある学生が思う存分研究をできる環境を提供することが本研究室の運営ポ…

  2. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  3. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  4. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  5. 東京電機大学 協調ロボティクス研究室

    東京電機大学 工学部 電子システム工学科 協調ロボティクス研究室のホームページへようこそ&nbs…

  6. Group Trajectory Optimization us…

    Group Trajectory Optimization using Swarm Intellig…

  7. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  8. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

PAGE TOP