回転複合センサによる多層化マップ生成

レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目”としても利用されている.しかし,レーザスキャナは機材が高価であることや距離情報以外の取得が困難であるという問題がある.本研究は,センサの回転によって3次元空間での測定を可能とし,距離情報に加えて温度情報を取り入れた近距離多層化マップの生成を提案する.温度情報を加えることによって物体判別の精度が高まると考えられる.図は距離によって変化する温度センサの値を超音波センサと併用することで温度のばらつきを補正したグラフである.結果から距離に対応した温度センサの値が得られた.今後,2種類以上のセンサの回転によって得られた3次元空間の値をマッピングするソフトを開発する.

睡眠深度の測定及びアシスト

モチベーションの変動予測システムの開発

関連記事

  1. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  2. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  3. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  4. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  5. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  6. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  7. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  8. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

PAGE TOP