回転複合センサによる多層化マップ生成

レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目”としても利用されている.しかし,レーザスキャナは機材が高価であることや距離情報以外の取得が困難であるという問題がある.本研究は,センサの回転によって3次元空間での測定を可能とし,距離情報に加えて温度情報を取り入れた近距離多層化マップの生成を提案する.温度情報を加えることによって物体判別の精度が高まると考えられる.図は距離によって変化する温度センサの値を超音波センサと併用することで温度のばらつきを補正したグラフである.結果から距離に対応した温度センサの値が得られた.今後,2種類以上のセンサの回転によって得られた3次元空間の値をマッピングするソフトを開発する.

睡眠深度の測定及びアシスト

モチベーションの変動予測システムの開発

関連記事

  1. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  2. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  3. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  4. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  5. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  6. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  7. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  8. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

PAGE TOP