回転複合センサによる多層化マップ生成

レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目”としても利用されている.しかし,レーザスキャナは機材が高価であることや距離情報以外の取得が困難であるという問題がある.本研究は,センサの回転によって3次元空間での測定を可能とし,距離情報に加えて温度情報を取り入れた近距離多層化マップの生成を提案する.温度情報を加えることによって物体判別の精度が高まると考えられる.図は距離によって変化する温度センサの値を超音波センサと併用することで温度のばらつきを補正したグラフである.結果から距離に対応した温度センサの値が得られた.今後,2種類以上のセンサの回転によって得られた3次元空間の値をマッピングするソフトを開発する.

睡眠深度の測定及びアシスト

ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

関連記事

  1. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  2. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  3. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  4. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  5. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  6. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  7. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  8. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

PAGE TOP