人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステムを用いたアシストは,機械とヒトの危機感の相違などによってヒトに違和感を与える事例が報告されている.機械との相違を解消するためには,操作者の特性を機械に伝えることが重要と考える.

そこで本研究では、個人操作特性の抽出に向けて被験者の操作入力モデルの作成し,操作対象との親和性を検証をする.

現在,バー追従タスク行ったときの操作モデルの作成を行っている.

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

関連記事

  1. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  2. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  3. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. Group Trajectory Optimization us…

    Group Trajectory Optimization using Swarm Intellig…

  6. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  7. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  8. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

PAGE TOP