人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステムを用いたアシストは,機械とヒトの危機感の相違などによってヒトに違和感を与える事例が報告されている.機械との相違を解消するためには,操作者の特性を機械に伝えることが重要と考える.

そこで本研究では、個人操作特性の抽出に向けて被験者の操作入力モデルの作成し,操作対象との親和性を検証をする.

現在,バー追従タスク行ったときの操作モデルの作成を行っている.

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

関連記事

  1. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  2. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  3. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  6. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  7. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  8. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

PAGE TOP