人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステムを用いたアシストは,機械とヒトの危機感の相違などによってヒトに違和感を与える事例が報告されている.機械との相違を解消するためには,操作者の特性を機械に伝えることが重要と考える.

そこで本研究では、個人操作特性の抽出に向けて被験者の操作入力モデルの作成し,操作対象との親和性を検証をする.

現在,バー追従タスク行ったときの操作モデルの作成を行っている.

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

関連記事

  1. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  2. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  3. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  4. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  5. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  6. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  7. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  8. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

PAGE TOP