人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステムを用いたアシストは,機械とヒトの危機感の相違などによってヒトに違和感を与える事例が報告されている.機械との相違を解消するためには,操作者の特性を機械に伝えることが重要と考える.

そこで本研究では、個人操作特性の抽出に向けて被験者の操作入力モデルの作成し,操作対象との親和性を検証をする.

現在,バー追従タスク行ったときの操作モデルの作成を行っている.

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

関連記事

  1. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  2. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  3. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  6. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  7. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  8. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

PAGE TOP