協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.
しかし今現在の技術では,相手の注意から行動を予測し,空気を読んだり他者への気づかいを行う,
即ち協調性に優れているロボットの開発は難しく,真の意味で人間と対話できるロボットは未だ実現されていません.
そこで本研究では人間の視覚情報から注視点やその周囲の情報,焦点距離や輻輳距離を測定し,
注意を推定するシステム「Attention Grid」の開発を行っています.
現在三次元空間(VR上)で視線を追跡して,そのデータを記録するタスクの構築が完成しました.
今後は目の角度を読み取るプログラムを作成し,焦点距離と輻輳距離の測定を検討していきます.

仮想物体の共有による教示支援システムの提案

生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

関連記事

  1. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  2. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

  3. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  4. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  5. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  6. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  7. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  8. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

PAGE TOP