協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.
しかし今現在の技術では,相手の注意から行動を予測し,空気を読んだり他者への気づかいを行う,
即ち協調性に優れているロボットの開発は難しく,真の意味で人間と対話できるロボットは未だ実現されていません.
そこで本研究では人間の視覚情報から注視点やその周囲の情報,焦点距離や輻輳距離を測定し,
注意を推定するシステム「Attention Grid」の開発を行っています.
現在三次元空間(VR上)で視線を追跡して,そのデータを記録するタスクの構築が完成しました.
今後は目の角度を読み取るプログラムを作成し,焦点距離と輻輳距離の測定を検討していきます.

ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

関連記事

  1. ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

    鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.打鍵速度は音の大…

  2. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  3. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  4. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  5. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  6. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  7. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  8. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

PAGE TOP