協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.
しかし今現在の技術では,相手の注意から行動を予測し,空気を読んだり他者への気づかいを行う,
即ち協調性に優れているロボットの開発は難しく,真の意味で人間と対話できるロボットは未だ実現されていません.
そこで本研究では人間の視覚情報から注視点やその周囲の情報,焦点距離や輻輳距離を測定し,
注意を推定するシステム「Attention Grid」の開発を行っています.
現在三次元空間(VR上)で視線を追跡して,そのデータを記録するタスクの構築が完成しました.
今後は目の角度を読み取るプログラムを作成し,焦点距離と輻輳距離の測定を検討していきます.

仮想物体の共有による教示支援システムの提案

生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

関連記事

  1. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

  2. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  3. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  4. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

  5. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  6. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  7. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  8. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

PAGE TOP