協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.
しかし今現在の技術では,相手の注意から行動を予測し,空気を読んだり他者への気づかいを行う,
即ち協調性に優れているロボットの開発は難しく,真の意味で人間と対話できるロボットは未だ実現されていません.
そこで本研究では人間の視覚情報から注視点やその周囲の情報,焦点距離や輻輳距離を測定し,
注意を推定するシステム「Attention Grid」の開発を行っています.
現在三次元空間(VR上)で視線を追跡して,そのデータを記録するタスクの構築が完成しました.
今後は目の角度を読み取るプログラムを作成し,焦点距離と輻輳距離の測定を検討していきます.

仮想物体の共有による教示支援システムの提案

生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

関連記事

  1. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  2. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  3. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

  4. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  5. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  6. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  7. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  8. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

PAGE TOP