Grasping interface for virtual reality using wire-driven positioning system

生体信号と体温の相関性を用いた ストレス軽減デバイスの開発

研究室メンバー

関連記事

  1. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  2. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  3. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  4. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  5. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  6. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  7. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  8. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

PAGE TOP