視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボットの人間社会への参加は非常に期待されていることが分かります。

現在、社会で利用されているようなロボットの中には人間の作業を手助けするものや、コミュニケーションを行えるようなものがあります。こういったロボットは人間に合わせるという行為を実現することで人間の作業をより快適なものにしようとしています。そこで必要とされるのが人間の意図や注意を読み取る技術です。

意図や注意を読み取るための手段として人の視線を利用するというものがあります。人間の意図は視線に表出するとも言われ、視線を用いることで人間の行動を先読みすることができると考えています。

しかし、人間の行動を先読みし、合わせるだけでは人間の能力によって作業の効率や多人数での移動の阻害になりかねません。そこで人間の行動を気づかれないように誘導を行うことができれば、作業や移動などをスムーズに行えるようになるのではないかと考え、研究を行っています。

現在はニューラルネットワークと呼ばれる機械学習を用いて視線の動きから人の行動を予測しており、実際にエージェント(ロボット:写真における男性)との衝突回避実験を行っています。結果として人間に対してエージェントの速度を予測に基づき変化させることで、人間の回避を想定の軌跡に近づけることが可能であることを示しました。今後はより完全な誘導を目指していこうと考えています。

 

熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

関連記事

  1. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  2. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  3. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  4. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  5. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  6. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  7. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  8. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

PAGE TOP