ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でたくさんのデータを用意する必要がある.

人の動きを学習する際には入力デバイスのコストの問題も今後考慮される.

そこで本研究はニューラルネットワークを用いる際のデータの用意と,入力デバイス作成のコストをへらすために学習結果を合成し、合成したデータで人の動きの予想ができるのか検討することである.

現在は,組み合わせる学習結果を作成するためにBarTrackingタスクの作成が完了した.

人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

東京電機大学 協調ロボティクス研究室

関連記事

  1. 仮想物体の共有による教示支援システムの提案

    創造領域における熟練者の持つ能力の習得は困難です。従来の研究では書道や楽器演奏時の視覚や触覚を先生…

  2. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  3. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  4. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  5. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  6. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  7. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  8. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

PAGE TOP