ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でたくさんのデータを用意する必要がある.

人の動きを学習する際には入力デバイスのコストの問題も今後考慮される.

そこで本研究はニューラルネットワークを用いる際のデータの用意と,入力デバイス作成のコストをへらすために学習結果を合成し、合成したデータで人の動きの予想ができるのか検討することである.

現在は,組み合わせる学習結果を作成するためにBarTrackingタスクの作成が完了した.

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

東京電機大学 協調ロボティクス研究室

関連記事

  1. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  4. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  5. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  6. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  7. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  8. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

PAGE TOP