ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でたくさんのデータを用意する必要がある.

人の動きを学習する際には入力デバイスのコストの問題も今後考慮される.

そこで本研究はニューラルネットワークを用いる際のデータの用意と,入力デバイス作成のコストをへらすために学習結果を合成し、合成したデータで人の動きの予想ができるのか検討することである.

現在は,組み合わせる学習結果を作成するためにBarTrackingタスクの作成が完了した.

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

東京電機大学 協調ロボティクス研究室

関連記事

  1. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  2. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  3. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  4. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  5. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  6. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  7. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  8. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

PAGE TOP