ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でたくさんのデータを用意する必要がある.

人の動きを学習する際には入力デバイスのコストの問題も今後考慮される.

そこで本研究はニューラルネットワークを用いる際のデータの用意と,入力デバイス作成のコストをへらすために学習結果を合成し、合成したデータで人の動きの予想ができるのか検討することである.

現在は,組み合わせる学習結果を作成するためにBarTrackingタスクの作成が完了した.

人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

東京電機大学 協調ロボティクス研究室

関連記事

  1. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  2. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  3. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  4. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  5. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. 個性模倣によるリアルタイム環境適応アルゴリズム

    今日,複数ロボットを用いた協調作業では,事前に環境適応させた動作戦略設計がされています.しかし,こう…

  8. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

PAGE TOP