ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.
打鍵速度は音の大きさに影響しており,メリハリのある音色表現を再現できます.メリハリのある音色表現を習得することは楽器演奏の早期熟達に繋がると言われています.しかし,打鍵速度の学習は非常に困難でした.
そこで本研究では,動的にダイナミクス変更可能な疑似鍵盤型インタフェースを開発し,直感的に学習できる楽器演奏熟達支援システムの構築を提案しました.打鍵速度の習熟と触覚フィードバックの関係について調査し,音色表現の可能性を広げていきたいと考えています.

 

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

関連記事

  1. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  2. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  3. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  8. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

PAGE TOP