仮想物体の共有による教示支援システムの提案

創造領域における熟練者の持つ能力の習得は困難です。
従来の研究では書道や楽器演奏時の視覚や触覚を先生ー生徒間でリアルタイムで共有し、閉ループ学習による技能の習得を行っていました。
しかし,創造課程における筆や楽器の操作の精度を定量的に調べてはいませんでした。
そこで先生ー生徒間の創造過程を仮想空間で共有することで指導の効率化を図ることにしました。これにより、操作対象とのインタラクションを双方で直感的に共有することが可能になります。
将来的には精細な空間造形の技能伝承や、敵対的生成ネットワークを用いたパフォーミングアートの技能熟達の支援に応用できると考えています。

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

関連記事

  1. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  2. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  3. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  4. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  5. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  6. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  7. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  8. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

PAGE TOP