ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.
打鍵速度は音の大きさに影響しており,メリハリのある音色表現を再現できます.メリハリのある音色表現を習得することは楽器演奏の早期熟達に繋がると言われています.しかし,打鍵速度の学習は非常に困難でした.
そこで本研究では,動的にダイナミクス変更可能な疑似鍵盤型インタフェースを開発し,直感的に学習できる楽器演奏熟達支援システムの構築を提案しました.打鍵速度の習熟と触覚フィードバックの関係について調査し,音色表現の可能性を広げていきたいと考えています.

 

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

関連記事

  1. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  2. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  3. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  4. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  5. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  6. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  7. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  8. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

PAGE TOP