ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が進んでいます.しかし,自動車を運転するドライバーはスキル,嗜好,癖など様々な特性を持っているため,個々の操作特性に合った運転支援や制御をすることが重要になります.また,支援や制御のタイミングなどがそのドライバーの操作特性に合っていないと煩わしい,あるいはお節介と感じさせる場合があります.これは,一般に制御や支援タイミングやその量などを一律に平均的なドライバーに合わせて設定していることによります.したがって,ドライバーごとに適合可能な新たな設計手法を構築することが必要となっています.

現在,広い分野において,車の運転熟達支援に関する研究がされています.本研究では,初心者や高齢者が短時間で思い通りに操作できるシステムの実現を目的とします.人間の脳の仕組みを模したメカニズムであるニューラルネットワークを用い,ダイナミクスを最適化することにより,ドライバーの操作誤差を削減することを目指します.

                                                                                      

研究業績

チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

関連記事

  1. Group Trajectory Optimization us…

    Group Trajectory Optimization using Swarm Intellig…

  2. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  3. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  4. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  5. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  6. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  7. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  8. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

PAGE TOP