ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が進んでいます.しかし,自動車を運転するドライバーはスキル,嗜好,癖など様々な特性を持っているため,個々の操作特性に合った運転支援や制御をすることが重要になります.また,支援や制御のタイミングなどがそのドライバーの操作特性に合っていないと煩わしい,あるいはお節介と感じさせる場合があります.これは,一般に制御や支援タイミングやその量などを一律に平均的なドライバーに合わせて設定していることによります.したがって,ドライバーごとに適合可能な新たな設計手法を構築することが必要となっています.

現在,広い分野において,車の運転熟達支援に関する研究がされています.本研究では,初心者や高齢者が短時間で思い通りに操作できるシステムの実現を目的とします.人間の脳の仕組みを模したメカニズムであるニューラルネットワークを用い,ダイナミクスを最適化することにより,ドライバーの操作誤差を削減することを目指します.

                                                                                      

研究業績

チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

関連記事

  1. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  4. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  5. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  6. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  7. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  8. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

PAGE TOP