ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が進んでいます.しかし,自動車を運転するドライバーはスキル,嗜好,癖など様々な特性を持っているため,個々の操作特性に合った運転支援や制御をすることが重要になります.また,支援や制御のタイミングなどがそのドライバーの操作特性に合っていないと煩わしい,あるいはお節介と感じさせる場合があります.これは,一般に制御や支援タイミングやその量などを一律に平均的なドライバーに合わせて設定していることによります.したがって,ドライバーごとに適合可能な新たな設計手法を構築することが必要となっています.

現在,広い分野において,車の運転熟達支援に関する研究がされています.本研究では,初心者や高齢者が短時間で思い通りに操作できるシステムの実現を目的とします.人間の脳の仕組みを模したメカニズムであるニューラルネットワークを用い,ダイナミクスを最適化することにより,ドライバーの操作誤差を削減することを目指します.

                                                                                      

研究業績

サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

関連記事

  1. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  2. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  3. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  4. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  5. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  6. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

  7. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  8. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

PAGE TOP