サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案されている.この理論は,人間が予測するダイナミクスに実際のダイナミクスが近づくように調節を行うことで人間の無意識下の学習を阻害せずに熟達支援を行う.

しかし,人間はダイナミクスの変化したデバイスの操作に対し熟達するため,サブリミナルキャリブレーションを行ったデバイスでなければ思い通りに扱えない恐れがある.

そこで,本研究ではサブリミナルキャリブレーションによって変化したダイナミクスを少しずつ元に戻していくことでダイナミクスが変化する前のデバイスに対しての熟達の促進を目指します.

チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

睡眠深度の測定及びアシスト

関連記事

  1. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  2. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  3. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  4. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  5. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  6. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  7. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  8. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

PAGE TOP