サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案されている.この理論は,人間が予測するダイナミクスに実際のダイナミクスが近づくように調節を行うことで人間の無意識下の学習を阻害せずに熟達支援を行う.

しかし,人間はダイナミクスの変化したデバイスの操作に対し熟達するため,サブリミナルキャリブレーションを行ったデバイスでなければ思い通りに扱えない恐れがある.

そこで,本研究ではサブリミナルキャリブレーションによって変化したダイナミクスを少しずつ元に戻していくことでダイナミクスが変化する前のデバイスに対しての熟達の促進を目指します.

ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

睡眠深度の測定及びアシスト

関連記事

  1. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  2. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  3. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  4. ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

    近年,ストレス社会と言われているように,ストレスによってパフォーマンスに悪影響を及ぼしている.例えば…

  5. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  6. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  7. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  8. Grasping interface for virtual r…

PAGE TOP