サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案されている.この理論は,人間が予測するダイナミクスに実際のダイナミクスが近づくように調節を行うことで人間の無意識下の学習を阻害せずに熟達支援を行う.

しかし,人間はダイナミクスの変化したデバイスの操作に対し熟達するため,サブリミナルキャリブレーションを行ったデバイスでなければ思い通りに扱えない恐れがある.

そこで,本研究ではサブリミナルキャリブレーションによって変化したダイナミクスを少しずつ元に戻していくことでダイナミクスが変化する前のデバイスに対しての熟達の促進を目指します.

チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

睡眠深度の測定及びアシスト

関連記事

  1. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  2. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  3. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  4. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  5. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  6. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  7. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  8. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

PAGE TOP