睡眠深度の測定及びアシスト

近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠がもたらす効果として,脳や身体の疲れからの回復,記憶の定着,免疫機能の強化等が挙げられる.上記のような質の良い睡眠による効果を得るためには,入眠後の90分をより深く眠ることが重要である.

そこで本研究では,睡眠中に音や振動等の外的刺激を与え,眠り始めの90分間をより深い睡眠へとアシストすることで質の良い睡眠の出現を目指す.

現在,マット型睡眠計とアプリケーションを用いて,睡眠深度を4段階に分類しグラフ化した.今後はニューラルネットワークを用いて,オルゴール音と睡眠深度の関係性を明らかにし,質の良い睡眠へと応用していくつもりだ

サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

回転複合センサによる多層化マップ生成

関連記事

  1. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  2. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  3. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  4. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  5. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  6. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  7. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  8. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

PAGE TOP