睡眠深度の測定及びアシスト

近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠がもたらす効果として,脳や身体の疲れからの回復,記憶の定着,免疫機能の強化等が挙げられる.上記のような質の良い睡眠による効果を得るためには,入眠後の90分をより深く眠ることが重要である.

そこで本研究では,睡眠中に音や振動等の外的刺激を与え,眠り始めの90分間をより深い睡眠へとアシストすることで質の良い睡眠の出現を目指す.

現在,マット型睡眠計とアプリケーションを用いて,睡眠深度を4段階に分類しグラフ化した.今後はニューラルネットワークを用いて,オルゴール音と睡眠深度の関係性を明らかにし,質の良い睡眠へと応用していくつもりだ

サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援

回転複合センサによる多層化マップ生成

関連記事

  1. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  2. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  3. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  4. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  5. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  6. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  7. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  8. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

PAGE TOP