Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

Nowadays, Industrials are relying more than ever on fully automated machines and the area of application of these machines will continue to increase. However, full automation is suffering from a high implementation and maintenance cost. That’s why it is important for the future research in automation to develop new methods and strategies in order to make full-automation more accessible.

On this regard,with this research, I want to implement a new strategy for fully automated network of vehicles  and see if it is possible to perform better than the existing strategies.

The strategy I want to implement is called Swarm Intelligence, it consist on using a lot of particles with simple behavior and make them search for an optimal solution. By making these particles share information and behave accordingly to the shared information, the particles can converge to a solution.

The Swarm Intelligence algorithm I am using is the “ant colony optimization” that applies well to trajectory optimization and has been used in previous research for congestion avoidance algorithm on roadway for example.

To evaluate my algorithm I will be using the m3pi module which is a little programmable vehicle. I will programm 3-4 of them and connect them to a network.

by Raphael

人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

関連記事

  1. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  2. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  3. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  4. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  5. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  6. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  7. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  8. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

PAGE TOP