Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

Group Trajectory Optimization using Swarm Intelligence

Nowadays, Industrials are relying more than ever on fully automated machines and the area of application of these machines will continue to increase. However, full automation is suffering from a high implementation and maintenance cost. That’s why it is important for the future research in automation to develop new methods and strategies in order to make full-automation more accessible.

On this regard,with this research, I want to implement a new strategy for fully automated network of vehicles  and see if it is possible to perform better than the existing strategies.

The strategy I want to implement is called Swarm Intelligence, it consist on using a lot of particles with simple behavior and make them search for an optimal solution. By making these particles share information and behave accordingly to the shared information, the particles can converge to a solution.

The Swarm Intelligence algorithm I am using is the “ant colony optimization” that applies well to trajectory optimization and has been used in previous research for congestion avoidance algorithm on roadway for example.

To evaluate my algorithm I will be using the m3pi module which is a little programmable vehicle. I will programm 3-4 of them and connect them to a network.

by Raphael

人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

振動刺激による機械操作支援に向けた入力インタフェースの開発

関連記事

  1. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  2. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  3. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  4. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  5. 振動刺激による機械操作支援に向けた入力インタフェースの開発

    振動刺激による機械操作支援に向けた入力インタフェースの開発by 吉田…

  6. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  7. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  8. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

PAGE TOP