運搬アシスト用UAVの開発

近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.
現在の商用UAVでは,数百kgまで運搬が可能であると言われています.
しかし,物流に用いられるUAVは大型化の傾向があり,人間の荷物を運搬するといった手助けに適応するには難しいといえます.
そこで,一つの二重反転モータと9軸慣性計測装置のみを搭載した小型のUAVを複数機用意し,任意の箇所に配置することによって運搬を可能とするUAVの開発をおこなっています.
これにより,運搬物の重量に応じてUAVの数を変更することで,様々な物を運搬することが可能となり,人々の生活により溶け込むことが可能なUAVの将来が期待されます.

研究室募集について(学内向け)

二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

関連記事

  1. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  2. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  3. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  4. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  5. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  6. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  7. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  8. ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

    近年,ストレス社会と言われているように,ストレスによってパフォーマンスに悪影響を及ぼしている.例えば…

PAGE TOP