運搬アシスト用UAVの開発

近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.
現在の商用UAVでは,数百kgまで運搬が可能であると言われています.
しかし,物流に用いられるUAVは大型化の傾向があり,人間の荷物を運搬するといった手助けに適応するには難しいといえます.
そこで,一つの二重反転モータと9軸慣性計測装置のみを搭載した小型のUAVを複数機用意し,任意の箇所に配置することによって運搬を可能とするUAVの開発をおこなっています.
これにより,運搬物の重量に応じてUAVの数を変更することで,様々な物を運搬することが可能となり,人々の生活により溶け込むことが可能なUAVの将来が期待されます.

研究室募集について(学内向け)

二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

関連記事

  1. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  2. 仮想物体の共有による教示支援システムの提案

    創造領域における熟練者の持つ能力の習得は困難です。従来の研究では書道や楽器演奏時の視覚や触覚を先生…

  3. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  4. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  5. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  6. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  7. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  8. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

PAGE TOP