運搬アシスト用UAVの開発

近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.
現在の商用UAVでは,数百kgまで運搬が可能であると言われています.
しかし,物流に用いられるUAVは大型化の傾向があり,人間の荷物を運搬するといった手助けに適応するには難しいといえます.
そこで,一つの二重反転モータと9軸慣性計測装置のみを搭載した小型のUAVを複数機用意し,任意の箇所に配置することによって運搬を可能とするUAVの開発をおこなっています.
これにより,運搬物の重量に応じてUAVの数を変更することで,様々な物を運搬することが可能となり,人々の生活により溶け込むことが可能なUAVの将来が期待されます.

研究室募集について(学内向け)

二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

関連記事

  1. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  2. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  3. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  4. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  5. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  6. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  7. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  8. ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

    近年,ストレス社会と言われているように,ストレスによってパフォーマンスに悪影響を及ぼしている.例えば…

PAGE TOP