二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、その活躍現場は多岐にわたっています。
ドローンを活用するうえでの最大の利点は高所作業等、人が立ち入る際にリスクが伴う現場での活用、そして人や航空機が使わない空間の活用です。
こうした利点を生かすドローンの活用法として本研究では天井に吸着できるドローンの開発を目的としています。
その手法として吸盤内部の空気をポンプで排気し吸着力を得ます。そのポンプに必要な動力を、プロペラを回すモータから得ることで機体を小型化することができます。
このような機構の利点を生かし屋内でも活用できる小型ドローンの開発を行います。

運搬アシスト用UAVの開発

触覚提示を利用したペットロボット

関連記事

  1. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  4. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  5. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  6. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  7. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  8. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

PAGE TOP