二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、その活躍現場は多岐にわたっています。
ドローンを活用するうえでの最大の利点は高所作業等、人が立ち入る際にリスクが伴う現場での活用、そして人や航空機が使わない空間の活用です。
こうした利点を生かすドローンの活用法として本研究では天井に吸着できるドローンの開発を目的としています。
その手法として吸盤内部の空気をポンプで排気し吸着力を得ます。そのポンプに必要な動力を、プロペラを回すモータから得ることで機体を小型化することができます。
このような機構の利点を生かし屋内でも活用できる小型ドローンの開発を行います。

運搬アシスト用UAVの開発

触覚提示を利用したペットロボット

関連記事

  1. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  2. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  3. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  5. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  6. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  7. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  8. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

PAGE TOP