視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。
それらのデバイスは人々の情報メディアとして確立し,現在の生活において必要不可欠な物となっています。
しかし,紙媒体と比較して情報の複雑化や操作性の困難による疲れやストレスを生じるデメリットが挙げられます。
ここでは疲れやストレスの原因の一つである認知負荷について触れます。
認知負荷とは情報をインプットする量が増加するにしたがって集中力や記憶力,注意力の低下することを指します。
認知負荷は、タップやスワイプといった機器の動作などの運動負荷と目の前のものに気を止める視覚負荷、考えたり、記憶する知覚負荷の3つに分ける事が出来ます。
本研究では、視覚負荷について着目し、人の視線動作における、ストレスを定量的に評価することを目的とします。

力覚提示デバイスによる描画支援

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

関連記事

  1. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  2. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  3. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  4. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  5. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  6. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  7. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  8. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

PAGE TOP