視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとして確立している.情報の発信,共有,拡散と誰でも容易に情報を扱うことができるようになった反面,必要な情報を選択して得る必要があり,同時に精神的疲労やストレスを生じやすいデメリットが挙げられる.本研究では疲れやストレスの原因の一つである認知負荷について触れる.
認知負荷とは情報をインプットする量が増加するにしたがって集中力や記憶力,注意力の低下することを指す.
本研究では,視覚負荷について着目し,人の視線動作を利用してストレスを定量的に評価することを目的とする.視覚を用いた非接触ストレス推定を行うことで,ストレス検出の汎用化を実現する.

力覚提示デバイスによる描画支援

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

関連記事

  1. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  2. プロペラ吸排気一体型モジュールの開発

    近年,建造物の老朽化が問題となっています.高度経済成長発展を遂げた日本は,様々な建造物が造られてきま…

  3. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  4. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  5. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  6. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  7. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  8. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

PAGE TOP