視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。
それらのデバイスは人々の情報メディアとして確立し,現在の生活において必要不可欠な物となっています。
しかし,紙媒体と比較して情報の複雑化や操作性の困難による疲れやストレスを生じるデメリットが挙げられます。
ここでは疲れやストレスの原因の一つである認知負荷について触れます。
認知負荷とは情報をインプットする量が増加するにしたがって集中力や記憶力,注意力の低下することを指します。
認知負荷は、タップやスワイプといった機器の動作などの運動負荷と目の前のものに気を止める視覚負荷、考えたり、記憶する知覚負荷の3つに分ける事が出来ます。
本研究では、視覚負荷について着目し、人の視線動作における、ストレスを定量的に評価することを目的とします。

力覚提示デバイスによる描画支援

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

関連記事

  1. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  2. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  3. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  4. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  5. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  6. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  7. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  8. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

PAGE TOP