個性模倣によるリアルタイム環境適応アルゴリズム

今日,複数ロボットを用いた協調作業では,事前に環境適応させた動作戦略設計がされています.しかし,こうしたロボットでは予期せぬ外乱に対して機能することが出来ない問題点がありました.

そこで本研究では,人間の社会性認知にみられる個性模倣と多様性維持を規範とした環境適応アルゴリズムの提案をおこないます.

現在は,模倣の程度を変化させる重みによって多様性維持を導入し,対面通行シミュレーションを構築して有効性を検討しています.

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

関連記事

  1. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  2. インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワー…

    本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています…

  3. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  4. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  5. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  6. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  7. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  8. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

PAGE TOP