個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.
しかし,こうしたロボットでは明確なコミュニケーションが取れないため,ロボット同士での協調作業を行うのは難しいという問題点がありました.
そこで本研究では,ロボット同士での協調作業を行う手法として複数のリーダーを用いたリーダー・フォロワ型群モデルの提案を行います.
群れモデルとは,社会性動物にみられる現象で人間や鳥,虫などにみられる現象です.
現在は,群れのモデルとしてよく使用されるBoidモデルを元に,リーダーに追従する群れの形成を行いました.
今後は,複数のリーダーがいる際の群れの形成について検証していきます.

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

関連記事

  1. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  2. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  3. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

  4. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  5. 仮想物体の共有による教示支援システムの提案

    創造領域における熟練者の持つ能力の習得は困難です。従来の研究では書道や楽器演奏時の視覚や触覚を先生…

  6. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  7. 靴型デバイスの形状変化による圧力分散

    この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。私たちは歩くとき、扁…

  8. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

PAGE TOP