個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.
しかし,こうしたロボットでは明確なコミュニケーションが取れないため,ロボット同士での協調作業を行うのは難しいという問題点がありました.
そこで本研究では,ロボット同士での協調作業を行う手法として複数のリーダーを用いたリーダー・フォロワ型群モデルの提案を行います.
群れモデルとは,社会性動物にみられる現象で人間や鳥,虫などにみられる現象です.
現在は,群れのモデルとしてよく使用されるBoidモデルを元に,リーダーに追従する群れの形成を行いました.
今後は,複数のリーダーがいる際の群れの形成について検証していきます.

インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

靴型デバイスの形状変化による圧力分散

関連記事

  1. 触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

    音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を…

  2. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  3. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  4. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  5. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  6. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  7. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  8. 視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

    近年,あらゆる場面でスマートフォンやタブレット端末を目にするようになりました。それらのデバイスは人…

PAGE TOP