触覚刺激を用いた聴覚の拡張及び提示波形包絡線の検討

 

音楽鑑賞や楽器演奏などの体験には,楽器の振動という単一の物理現象によって触覚と聴覚を生じるとい う共通点が存在する.聴覚のみで知覚される場合と比べて触覚によっても知覚されることは,人と対象物が接している,もしくは近い距離に位置することを伝え る大きな手がかりとなり,臨場感や没入感,操作性の向上に寄与していると考えられる.

触覚刺激と聴覚刺激は本来同一の物理現象に端を発するものであるが,伝搬の形態によって二つの状況に分類できる. 振動源から空気伝搬された振動が聴覚刺激を生じ,それに伴った触覚刺激を生じる状況. 次に 振動源から振動が直接身体に伝わり,それ伴った聴覚刺激を生じる状況. 前者の状況に対する先行研究では,例えば体感音響装置を用いて音楽を聴覚刺激としてだけでなく振動刺激 としても提示し,複数感覚への提示によって音楽への没入感を向上させ,聴覚体験を触覚提示によって加算的に向上させることになる.後者の状況では,野球やテ ニスにおけるだけ記事の衝突感などを指し,衝突感は強い触覚刺激を伴うが,多くの場合音のみで提示されていた.これに触覚提示を加えることで,聴覚刺激のみでは提示困難な情報を提示可能になると考えられる.

本研究では,聴覚刺激を伴う体験を触覚刺激によって拡張することを目的とする.聴覚体験の拡張とは,本来触覚と聴覚が同時に発生するという状況を再現することにとどまらず,聴覚体験全体の主観的価値を高めることを目指す.触覚刺激と聴覚刺激の伝搬形態に ついて上記で述べた.ここでは,振動源から空気伝搬された振動が聴覚刺激を生じ,それに伴った触覚刺激を生じる状況に対する研究を行う.

筋電による運動錯覚を用いた運動支援

複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

関連記事

  1. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  2. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  3. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  4. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

  5. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  6. ダイナミクスの動的修正による早期楽器演奏熟達支援システム

    鍵盤楽器演奏において,音色表現の要素には打鍵箇所,リズム,打鍵速度,離鍵があります.打鍵速度は音の大…

  7. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  8. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

PAGE TOP