モチベーションの変動予測システムの開発

近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWES尺度によるアンケート調査によってモチベーション教育・管理を行う企業もある.しかし,作業中のモチベーションの変動は判らないため,何が問題で従業員のモチベーションが低下するのか把握が出来ず,管理が難化している.

そこで,本研究ではモチベーションと生体信号との関連性を調査し,高く維持するアシストの有用性についての検証を行う.また,モチベーションの変動する箇所を予測することで,企業の教育・管理の簡易化を可能とする.

現在はモチベーションが無くなるSTG型のタスクと通常タスクを開発した.二つの作業による生体信号の差からモチベーションの定量化およびアシストの検討をしていく.

回転複合センサによる多層化マップ生成

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

関連記事

  1. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  2. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  3. ニューラルネットワーク学習結果の合成による人間モデル生成

    近年,ニューラルネットワークを用いた研究が盛んに行われている.ニューラルネットワークは学習の過程でた…

  4. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  5. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  6. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  7. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  8. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

PAGE TOP