ストレス応答と操作パフォーマンスの相関性検討

近年,ストレス社会と言われているように,ストレスによってパフォーマンスに悪影響を及ぼしている.例えば,交通事故の発生率が増加したりする問題が挙げられる.そこで,従来のストレス対策としてストレス検出システムの実装がされている.このシステムでは,ストレスと生体信号との相関性を調査し,ストレスをリアルタイムで予測および測定を行っている.しかし,フィードバックが困難であったり,センサを多く着用するといった欠点がある.

そこで,本研究ではストレスと作業パフォーマンスとの相関について考えていき,パフォーマンスアシストの検討を行っていく.そのためには,生体信号を用いてストレスモデルを機械学習より作成し,ストレッサーを与えたときのアシストの優位性を見る.また,大量のセンサを着けると逆にそれが肉体的・精神的負荷がかかってしまうため,負荷がかからないデバイスについて考えていく.今回はドライビングシミュレータを用いて,ストレッサーを与えた状態と与えていない状況を検討していく.

現在はドライビングシミュレータより,運転者のストレスによる技能パフォーマンスを生体信号の差から定量化およびアシストの検討をしていく.

回転複合センサによる多層化マップ生成

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

関連記事

  1. Grasping interface for virtual r…

  2. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  3. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究ではバーチャル上の動物型ロボットに触れるデバイスの作成を目的としています。実空間における動物型…

  6. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  7. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  8. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

PAGE TOP