モチベーションの変動予測システムの開発

近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWES尺度によるアンケート調査によってモチベーション教育・管理を行う企業もある.しかし,作業中のモチベーションの変動は判らないため,何が問題で従業員のモチベーションが低下するのか把握が出来ず,管理が難化している.

そこで,本研究ではモチベーションと生体信号との関連性を調査し,高く維持するアシストの有用性についての検証を行う.また,モチベーションの変動する箇所を予測することで,企業の教育・管理の簡易化を可能とする.

現在はモチベーションが無くなるSTG型のタスクと通常タスクを開発した.二つの作業による生体信号の差からモチベーションの定量化およびアシストの検討をしていく.

回転複合センサによる多層化マップ生成

磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性調整

関連記事

  1. MR流体を用いたセンサレスフォースフィードバックデバイスの開発

    近年, VRやシミュレーション, 遠隔操作技術などの向上により, 柔らかさや弾力など, 任意の力覚を…

  2. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  3. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

  4. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  5. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  6. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  7. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  8. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

PAGE TOP