力覚提示デバイスによる描画支援

絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。
本研究では絵や文字を上手に描くための支援として人間の力覚にアプローチします。
書道を例にするとはね、とめ、はらい等の筆づかいは筆圧や書く速さが重要な要素ですが、
これらは見たり聞いたりするだけでは習得が難しく、先生が手をとって教えることがあります。
このように筆づかいの感覚を共有することが上達の近道と考え、描画支援のための力覚提示装置
を開発をしています。また、装置により力覚を制御することで人と人とが直接教えるよりも早い熟達
が期待できます。技術の応用として、遠隔地への教示や複数人に同時に教示を行うことも可能になります。

触覚提示を利用したペットロボット

視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

関連記事

  1. 視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

    近年,様々な場面でスマートフォンやタブレット端末を目にする.それらのデバイスは人々の情報メディアとし…

  2. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  3. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  5. Grasping interface for virtual r…

  6. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  7. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  8. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

PAGE TOP