力覚提示デバイスによる描画支援

絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。
本研究では絵や文字を上手に描くための支援として人間の力覚にアプローチします。
書道を例にするとはね、とめ、はらい等の筆づかいは筆圧や書く速さが重要な要素ですが、
これらは見たり聞いたりするだけでは習得が難しく、先生が手をとって教えることがあります。
このように筆づかいの感覚を共有することが上達の近道と考え、描画支援のための力覚提示装置
を開発をしています。また、装置により力覚を制御することで人と人とが直接教えるよりも早い熟達
が期待できます。技術の応用として、遠隔地への教示や複数人に同時に教示を行うことも可能になります。

触覚提示を利用したペットロボット

視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

関連記事

  1. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  2. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  3. サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援

    サブリミナルキャリブレーションによる機械操作熟達支援ヒトが介在する機械操作に…

  4. 熟達者の力提示を用いた楽器演奏熟達支援

    楽器演奏には長期練習が必要であり,それを支援する研究は広く行われています.しかしながら,そのような研…

  5. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

  8. 筋電による運動錯覚を用いた運動支援

    現在、リハビリや運動学習では指導者が口頭で支持を出したり、直接動かす方法がとられています。しかしこの…

PAGE TOP