インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています.チームワークを「数値化」できる,今までにない新しい研究です.
しかし,現状では組み合わせごとに実験が必要になる事からチーム分けは困難になります.
そこで,この研究ではチーム作業時の人のモデルを生成し,モデルどうしでチーム作業を行う事で「気づかい」の測定を可能にします.
これによりチーム分けや天気予報のようなシミュレーション解析が可能になります.
将来的に,企業の新入社員研修のチーム分けなどに応用される技術だと考えています.
また,まだ不明な点も多い「気づかい」のより深い解明につなげたいと考えています.

視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

関連記事

  1. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  2. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  3. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  4. 力覚提示デバイスによる描画支援

    絵や文字を上手に書けるようになりたい、と誰しも一度は思ったことがあると思います。本研究では絵や文字…

  5. モチベーションの変動予測システムの開発

    近年,モチベーション低下による企業の生産性の下落および退職が問題となっている.その対策として,UWE…

  6. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  7. 仮想物体の共有による教示支援システムの提案

    創造領域における熟練者の持つ能力の習得は困難です。従来の研究では書道や楽器演奏時の視覚や触覚を先生…

  8. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

PAGE TOP