インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています.チームワークを「数値化」できる,今までにない新しい研究です.
しかし,現状では組み合わせごとに実験が必要になる事からチーム分けは困難になります.
そこで,この研究ではチーム作業時の人のモデルを生成し,モデルどうしでチーム作業を行う事で「気づかい」の測定を可能にします.
これによりチーム分けや天気予報のようなシミュレーション解析が可能になります.
将来的に,企業の新入社員研修のチーム分けなどに応用される技術だと考えています.
また,まだ不明な点も多い「気づかい」のより深い解明につなげたいと考えています.

視覚負荷における視線動作を用いたストレス推定

個性模倣によるリアルタイム環境適応アルゴリズム

関連記事

  1. 非接地型入力デバイスにおける力覚フィードバックを用いた操縦支援

    近年,工場用のコンテナクレーンやゴミ処理場に使用されているごみクレーンの多くは,入力デバイスとしてジ…

  2. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  3. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  4. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  5. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  6. 視線情報を用いた人間の行動予測と誘導

    近年、人間社会と密接にかかわるような知能ロボットに関する研究が広く行われています。このことからロボッ…

  7. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

  8. 人間の操作特性に着目した パーソナリティの抽出

    今日,自動車の事故回避を目的としたステアリング操作支援システムの普及が進んでいる.しかし,このシステ…

PAGE TOP