インタラクションを考慮した人間モデルによるモデルベースチームワークセンシング

本研究室では一人作業とチーム作業の差を「気づかい」と定義し,チームワークを評価する研究を行っています.チームワークを「数値化」できる,今までにない新しい研究です.
しかし,現状では組み合わせごとに実験が必要になる事からチーム分けは困難になります.
そこで,この研究ではチーム作業時の人のモデルを生成し,モデルどうしでチーム作業を行う事で「気づかい」の測定を可能にします.
これによりチーム分けや天気予報のようなシミュレーション解析が可能になります.
将来的に,企業の新入社員研修のチーム分けなどに応用される技術だと考えています.
また,まだ不明な点も多い「気づかい」のより深い解明につなげたいと考えています.

視覚負荷による視線動作におけるストレス推定

個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

関連記事

  1. サブリミナルキャリブレーションによる汎用デバイス操作技術獲得支援…

    機械操作熟達の手法として,人間の無意識下での学習能力に着目したサブリミナルキャリブレーションが提案さ…

  2. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  3. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  4. ワイヤを用いた網型圧力センサアレイによる面状フォースフィードバッ…

    近年,ヒトの姿勢に関連する健康被害の増加が懸念されています.例えばそれらの健康被害には,不良な着座姿…

  5. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  6. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

  7. 全方向運搬ロボットの振動軽減機構の開発

    一般的に、「近い将来ロボットが一家に1台導入される」と言われて久しいが、人とロボットが協調し共存でき…

  8. 洗濯物畳みロボットのためのインテリジェントワークベンチの開発

    近年、高齢化等の影響により様々な家事を自動化し、人間の負担の軽減をすることの需要が高まっています。し…

PAGE TOP