触覚提示を利用したペットロボット

本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。
ロボットと触れ合うことで、心身の治療を行うセラピー方法が期待されています。
これに使用されるロボットは関節や表情を増やすと、電力や重量に問題が起きます。
その結果、動物らしさを表現することが出来ず、すぐに飽きられてしまいました。

そこで本研究では3DCGに着目しました。3DCGは電力や重量を考慮せずに関節や
表情を増やす事が可能です。しかし、触れることが出来ないので、3DCGに
触れた感覚を与える触覚提示デバイスを用います。動物の重さや力は指に接続された
ワイヤをモータで巻き取ることで与え、毛触りなどは振動で与えます。

二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

力覚提示デバイスによる描画支援

関連記事

  1. チームワーク評価に向けた協調作業における「気づかい」解析

    この研究では人間同士の関係を工学的に測定しています。人間同士の関係は、人が常に他人と接する際に気にす…

  2. 運搬アシスト用UAVの開発

    近年,UAVは様々な分野に用いられており,物流の分野においても活用が期待されています.現在の商用U…

  3. 協調作業を行う作業者の「気づかい」推定による相性解析

    この研究は、ヒト同士が協力して行う作業について、工学的に解析することを目指しています。そして、解析結…

  4. 二重反転プロペラを用いた天井吸着ドローン

    近年、ドローン市場の成長は著しく、災害現場での状況確認や橋脚など高所の構造物点検に用いられており、そ…

  5. 睡眠深度の測定及びアシスト

    近年,不眠症をはじめとして睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害を患う人が増加傾向にある.一方,質の良い睡眠…

  6. 複数の移動ロボット間での機械学習の共有による適応制御の効率化

    近年,災害調査など危険な場所や人の立ち入りが困難な場所でのロボットの活躍が増えていますが,このような…

  7. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  8. リニアアクチュエータを用いたせん断力測定およびフィードバック機構…

    現在,日本では少子高齢化が悪化の一途をたどっており.2014年には26%である65 歳以上の高齢者人…

PAGE TOP