靴型デバイスの形状変化による圧力分散

この研究では、足裏にかかる圧力の偏りを分散させる歩行サポートを目指しています。
私たちは歩くとき、扁平足のような慢性疾患や足と靴のサイズの不一致により足圧が偏っています。
これまでの歩行サポートには、歩行状態(足圧分布,姿勢 など )の測定や解析結果を私たちにアプリで提示するようなものがありました。
しかし、それらは歩行改善のために、訓練やその時間の確保が必要になり、自己管理能力に関わります。
そこで本研究は,歩行時に足圧の測定をし、リアルタイムでインソールの形を変化させることにより足圧分散を行います。
測定装置に、圧電センサによる足圧分布結果を用いて、分散装置に磁力を与えると粘性が変化するMR 流体を用いてインソールの形状変化を実現します。
将来的には、転倒や扁平足のような慢性疾患の予防などの医療分野の発展につながる研究です。

個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

仮想物体の共有による教示支援システムの提案

関連記事

  1. ロボットの動作に対する視覚的注意の変化の測定

    近年、人間社会においてロボットの普及が顕著であり、その中でもヒューマノイド型のロボットが多く登場して…

  2. 回転複合センサによる多層化マップ生成

    レーザスキャナは精密な距離情報を取得することができるため,自動運転だけでなくレスキューロボットの“目…

  3. 複数の発光・受光素子を用いた高速・高分解能視線計測デバイス開発

    本研究では、人間の視線に着目し、非常に速い眼球運動を捉えるためのデバイス開発を行っています。…

  4. 協調性向上のためのAttention Gridによる注意推定

    近年,人型ロボットの研究が盛んに行われ,社会で普及しています.しかし今現在の技術では,相手の注意か…

  5. ダイナミクスを変化させることによるインタフェースの設計

    近年,安全性を向上させるだけではなく,運転の容易さ,快適性を高めるための各種運転支援システムの導入が…

  6. 触覚提示を利用したペットロボット

    本研究では3DCGと触覚提示を用いたペットロボットの作成を目的としています。ロボットと触れ合うこと…

  7. 個性模倣を用いた環境適応アルゴリズム

    近年,ドローンやルンバといった高性能なロボットの開発が多くされています.しかし,こうしたロボットで…

  8. 磁気粘性流体と気泡緩衝材を用いた弾性表現および磁力変化による弾性…

    デスクワークや長時間運転などにより負担のかかる姿勢が増加・長時間化している傾向にあるが,硬さが可変で…

PAGE TOP